レイアウト調整中につきサイト内が乱れています

おすすめの観光スポットといえばこの美術館!【那須旅行2日目】

先日、1泊2日で那須へ旅行に行きました。
今回は2日目のまとめです。

2日目は美術館2ヶ所と温泉に行きました。
1日で2ヶ所の美術館に行くって結構しんどいイメージありませんか?

私はあります… 疲れちゃう…

だけど大丈夫です!
今回紹介する美術館は、じっくり解説を読んだり深く考えて見たりする美術館と言うより、感覚的に見るような作品を置いている美術館です。

美術館に行き慣れていない方でも気軽に楽しめますし、子ども連れの家族旅行や年配の方にもとってもおすすめです!

上手く記事をまとめられず、唐突に温泉レポが登場しますが、そちらはお子さんとお年寄りの方にはあまりおすすめしないのでご注意を!
あわせて読みたい
【那須】自然を感じながらゆったりくつろぐ大人な旅
【那須】自然を感じながらゆったりくつろぐ大人な旅先日、1泊2日で那須に行ってきました。東京で働いていたときに仕事で何度か行っていたのですが、観光で行ったのは初めてでした。今回の旅で那須を満喫することが出来ま...
目次

藤城清治美術館

藤城清治さんについて

みなさん、藤城清治(ふじしろ せいじ)さんをご存じでしょうか?

光と影でファンタジーな世界を作る影絵作家です。
私は母の影響で小さい頃から藤城清治さんの作品を目にする機会が多く、今回の那須旅行も藤城清治美術館が目的でした。

2014年の24時間テレビで6m×3mの特大の影絵を作成されていたので、それをきっかけに知ったという方もいらっしゃるかもしれません。
知らないという方も作品を見たら、見たことあると思われるかもしれません。


こちらの写真は、2017年夏に東京銀座の教文館で行われていた”光と影の楽園展”で展示されていた作品です。

教文館では、基本写真撮影が出来るようになっております。展示によって変わる場合やその他注意事項があるので必ずご確認の上、撮影してください。

教文館ではこまめに展示をしているので、近くに行った際にはぜひ立ち寄ってみて欲しいです!

藤城清治さんの作品を知っているという方も、本物を見たことがない方は一度見てみてください。
写真では伝わらない光と影が感動する美しさです!

藤城清治美術館について

和風のような現代風のような建物がかっこいい。
藤城清治さんの愛猫、ラビちゃんが迎えてくれます。

道を奥に進んで行くと建物が現れます。
カフェのこびとたちがお客さんを見守っています。

エントランス


写真を撮っていたら、スタッフさんにこの位置から写真を撮ると全部入るよと教えてもらいました。

藤城清治さんのオリジナルキャラクター、ケロヨンです。
こちらは昔販売されたケロヨンの置物で、倉庫を片づけていたときに発見されてエントランスに飾られているようです。

ちなみに私はケロヨンのお友達のモグちゃんが好きなので、展示室内で探してみてください。

この美術館の中で唯一写真撮影の出来る原画です。
前は撮影不可だったそうですが、藤城清治さんが訪問した際にせっかくだから写真撮って良いようにしようということで、撮影可となったようです。
いつまで出来るかはわからないようなのでお早めに!

スタッフさんが素敵な方で、私たちの前にいたお子さんがチケットを受け取りありがとうと言ったのを聞いて、連れてきてくれたお父さんとお母さんにもありがとう言ってねと仰っていたのが温かい気持ちになりました。

トイレ

トイレにもこだわりが!
天井の絵が床と鏡に写る工夫がありました。
ぜひトイレもチェックしてみてください。

ミュージアムショップ・カフェ

ラ・ビーカフェというカフェ兼ミュージアムショップのスペースです。
森の景色を眺めながら食事をすることが出来ます。

ラ・ビーカフェは、東京の洗足駅近くにもあり、グッズの販売やイベントもしているようです。
行ってみたいなと思いながらも私はまだ行けておりません…

チャペル

敷地内にチャペルがあります。
森の中の赤茶レンガ素敵だなあ。

小さめのチャペル。照明の仕込み方が最高。

ステンドグラスは、もちろん藤城清治さんのデザイン。
光を使う演出は影絵とマッチしてとっても

レンガがボコボコになっていることで影が出来るのが素敵。

こちらのチャペルは結婚式を挙げたり、貸切ったりすることも出来ます。
結婚式の写真を見たことがありますが、真っ白なウェディングドレスにステンドグラスの光が映ってとってもきれいでした。

一般財団法人藤城清治美術館那須高原
藤城清治美術館(公式ホームページ)
藤城清治美術館(公式ホームページ)一般財団法人藤城清治美術館那須高原のトップページです

鹿の湯

よくテレビで見る温泉、鹿の湯に行ってきました。
栃木県最古の温泉だそうです。

鹿の湯は、いろんな温度のお湯があり、一番低い温度が41度と熱めのお湯というところが特徴です。
湯あたりしないようにしっかり説明を読みましょう。

私の行ったときは大人しかいなかったので、お子さんはあまり来ないのかもしれません。

入浴までの流れ

ここが入口です。
横に駐車場があるのですが、駐車場に降りるとすでに硫黄のにおいが。

受付で入浴券を購入したら、まずは貴重品を預けます。
この渡り廊下のようなところを渡った先に温泉があります。
渡り廊下の壁沿いはベンチになっており、入浴した方が窓の外を眺めながら涼んでいました。

4種類の温度があり、41度、42度、42.5度、44度、46度でした。
41度は、普段入っているお風呂よりも少し温度が低く感じましたが、かぶり湯をしっかりしていたからなのかもしれません。

私は逆上せやすいため、44度のお湯に腰まで浸かるところでやめておきました。
46度は手を少し入れただけでもすごく熱かったので注意が必要です。

注意すること

・熱いお湯のため逆上せやすい方は無理のない入浴をしましょう。
・入浴の心得という”かぶり湯”の説明書きがあるので、必ず入る前に読みましょう。
・脱衣所と浴室の間には扉がなく開放的なので、気になる方にはおすすめしません。
・シャンプーや石鹸の使用は禁止です。
・硫黄のにおいが二日ほど気になりました。服にもつくので注意が必要です。

とにかく湯あたりに注意してくださいね。
私が行ったときは知らない方と言葉を交わすような気軽な雰囲気でした。
気になる方は行ってみてください。

あわせて読みたい
那須温泉 鹿の湯l千三百年続く静寂と癒しの湯

N’s YARD

2件目の美術館は奈良美智さんの美術館兼アトリエのN’s YARDです。
宿泊したホテル、アートビオトープ那須のスタッフさんにおすすめされて行ってきました。

あわせて読みたい
自然とアートが調和したホテル《アートビオトープ那須》
自然とアートが調和したホテル《アートビオトープ那須》9月末、1泊2日で那須に行き、アート・ビオトープ那須に泊まってきました。水庭があることで有名なこちらのホテル。写真を見ていいなあと思い予約をしました。実際に行っ...

奈良美智さんについて

奈良美智(なら よしとも)さんは、世界で活躍されている日本のアート作家さんです。
奈良美智さんは女の子の絵を描かれていることが多いですが、眼差しが鋭かったりキラキラしていたり泣いていたりと、目が特徴的です。

一見かわいい女の子という印象を受けますが、その目から第一印象とは違った影の顔のようなものを感じてなんだか気になってしまう作品です。

外構の塀が素敵!
建物の外壁やカフェのタイルなど、素材にこだわっているように感じました。

ちなみに庭のみの見学は出来ません。
まずはエントランスへ向かいましょう。

展示室

エントランスでチケットを購入します。
以前は写真撮影が禁止されていたとのことですが、現在は一部の作品を除き写真撮影が可能です。

飾ってある作品は絵だけでなく、花瓶のようなもの、家などがありました。
また、奈良美智さんの趣味でもあるレコードのコレクションも展示されていました。

コナラカフェ

タイルのセンスが素敵すぎます…

こだわりが詰まったカフェであることが伝わってきます。

多治見のタイルを見に行ったことを思い出しました。
あれも記事にまとめたいなあ。

その他

右手に見えるのがミュージアムショップです。
無駄のないシンプルな建物が好きな私はこの景色がたまらなく気に入りました。

建物内は一通り見終わりました。
が、まだ帰ってはいけません。
建物の裏へ回ります。

もみの木をモチーフにした”森の子”という作品。
奈良美智さんの出身地である、青森県美術館にもこの”森の子”の作品があるそうなのですが、青森県美術館よりも頬がふっくらしているそう。

この外壁のタイルも床のタイルも素敵です。

看板もかわいくデザインされていました。

あわせて読みたい
N's YARD
N's YARD奈良美智のアトリエの様な場所。奈良が大切に集め創作活動を支え続けるレコードジャケット、オブジェ、そしてコレクション作品などを展示する。オリジナルグッズを販売する...

旅の地図

今回の度で行った美術館やお店たちの地図をまとめました。
左上の扉みたいなマークを押してチェックを外すと、日付ごとに分けて見れるので良かったら触ってみてください。

おわりに

今回は、私の那須旅行を元におすすめ観光スポットをまとめてみました。

藤城清治美術館は特に私がおすすめしたい美術館です。
美術館に行くとどうしてもこの絵が何を伝えたいかを考えなきゃいけない気がしてしまうのですが、藤城清治さんの作品はきれいだなとか、この作品好きだなというふわっとした感想が許されるイメージです。
花をきれいだと思ったり星をきれいだと思う感覚で見れるのが好きです。

ぜひ足を運んであの美しさを感じてみてください。

目次
閉じる